ロゴ
HOME>口コミ>今からでも間に合う歯周病の予防方法!【口コミを参考にしよう】

今からでも間に合う歯周病の予防方法!【口コミを参考にしよう】

口元

放置しておくと危険といわれている歯周病ですが、しっかり予防をすることで悪化を防ぐことができます。そのためには、きちんと予防方法を知っておくことが重要となります。ここで、みんなが行なっている歯周病予防の方法をみてみましょう。

みんなの声

歯科で正しい磨き方を習いました[50代/女性]

昔から歯はキチンと磨いており、普段から歯科医のお世話になることはなかったので、歯磨きには自身があったのです。ところが50代に入ってから歯周病が気になり、予防目的で堺市の歯科医へ行ったのですが、そこで受けた歯磨き指導は、まさに目から鱗が落ちる思いでした。先ず歯ブラシの持ち方から違い、グーではなく2本、もしくは3本の指で軽く持つのが正しいということです。そして、ブラッシングも歯と歯茎の隙間を狙い、原因菌の温床となる歯垢を取り除くのが目的だと教わりました。幸いまだ歯周病になっていなかったのですが、自己流の磨き方を続けていれば、遅かれ早かれ歯周病になっていたと思います。おかげで効果的に予防できるようになりましたから、堺市の歯科医へ行って正解でした。

定期的に歯科へ通っています[40代/男性]

気持ちは若いつもりでしたが、体は正直なもので、40代ともなれば歯茎も徐々に下がり始めてきたのです。そこで、特に痛みなどはなかったのですが、職場に近い堺市の歯科医で診てもらいました。すると軽い歯肉炎になっていたことが分かり、これ以上悪化させないように、ブラッシング指導や歯間ブラシの使い方も教えてもらったのです。ただし歯磨きだけでは完全に予防できないということで、今では定期的に堺市の歯科医へ通院して、歯垢を取ってもらっています。また、本格的な歯周病になれば歯が抜け落ちると知りましたので、翌日から職場でも昼食後に歯を磨くようになりました。その後は歯科医へ行く度にシッカリ磨けているかチェックしてくれるのですが、良く磨けているらしく、毎回お褒めの言葉を頂き、それも励みになっています。これまで歯科医は虫歯の治療に利用するものという感覚があったのですが、予防のために通う現在では、その認識もガラリと変わりました。